藤田貴史

機械の扱いもまだよくわからないけど、教えてもらって、
とにかくやってみる。やれば楽しいですから。

最年少社員だそうですね。

入って1年は思ったより大変でした。夏は測量で重い機械を持って歩きますし、冬は除雪で寝る間もない。北海道工業大学都市環境学科で土木の勉強をしました。ゼミの先生がすすめてくれたのと、武田先輩(武田祐一 土木部主任)が 10年も勤めていると聞いて、長くいるのならいい会社なんだろうと思ったんです。

入ってみて、どんな印象?

上下がしっかりあって、でも上の人は下の話をよく聞いてくれて助けてくれます。僕は人と話すのが好きな方なので、コミュニケーションはそんなに難しく思っていません。僕の仕事は測量や記録、作業の手伝い。若い社員が多いので話しかけやすいですね。

休日はどう過ごしていますか?

今は食事付きの社員寮でひとり暮らしですが、飲み会に誘ってもらえるし寂しくありません。それに毎週スポーツセンターでフットサルをやっていて、体は逞しくなりました。漁師さんからホタテをもらったり、周りの人もあたたかいですね。札幌の実家には月に1回くらい帰ります。両親は頑張っていることを理解してくれて、資格を取って偉くなれよと言ってくれます。

これからの目標は。

土木施工管理技士の2級の試験が秋にあるので、基本の仕事をたくさん覚えなくてはなりません。いま勉強中ですが、機械や器具もわからないことだらけ。指示されてできないのはもどかしいけど、先輩に教えてもらってなんとかやっています。わかってくると、とても楽しいです。

どんな後輩がほしいですか?

話しやすい人がいいですね。入社したら話しかけて、打ち解けたい。僕が入ったときそうして助けてもらったから。

※この取材は2013年4月4日に行いました。

藤田貴史

Takafumi Fujita

部門・役職 土木部 現場技術員
勤務地 猿払本店
入社年月日 2012年4月1日
生年月日 1989年4月12日
血液型・動物占い A型・コアラ
出身地 札幌市
資格・免許 運転免許(普通)
こんな人待ってます 話しやすい人
目指しているもの 二級土木施工管理技士