杉本真一

完成後、発注者の検定があって点数がつく。
大変だけど、半年がかりで数億円の仕事など。本当にやりがいがあります。

入社のきっかけは。

土木専門学校の求人で見つけて、企業訪問に行ったのが最初でした。1年先輩の人が入社していたので、予備知識もあったんです。30代の社員が多く、他社にくらべてかなり若者がたくさんいる印象があって魅力を感じました。

今はどんな仕事を?

「現場代理人」というのですが、社長の代理人として責任者になるということです。それぞれの現場の全体をよく見ていて、管理、運営、記録、報告などをします。責任は重いですが、この歳で何億という仕事をまかされるのは喜びですし、現場が完成したときの達成感も大きな魅力ですね。毎日、現場が終わってから事務所に戻って書類を書くので、残業は多いですけどね(笑)。

仕事はどういう形で評価されるのですか?

発注者、つまり開発建設部や稚内市などにより、点数がつけられます。100点満点で、僕の最高は93点。また、地域の皆さんからの声も評価のひとつですね。たとえば港湾の工事なら漁業者の皆さんからの要望や意見、そしてそれにていねいに対応できるか、といった部分です。

これからの目標は。

土木施工管理技士の1級を取ります。

どんな若者に入社してきてほしいですか?

意欲的で、気が付く人、周りをよく見ることができる人ですね。人を使って仕事をしますから、危険なことなどはしっかりと注意しなければなりません。稚内は自然豊かなところ。海産物もおいしいし、ぜひ遠くからでも来てほしいですね。

※この取材は2013年4月4日に行いました。

杉本真一

Shinichi Sugimoto

部門・役職 土木部主任 現場代理人
勤務地 猿払本店
入社年月日 2002年4月1日
生年月日 1981年9月5日
血液型・動物占い O型・ひつじ
出身地 旭川市
資格・免許 二級土木施工管理技士
運転免許(普通・中型)
こんな人待ってます 周りが見える人
ササキの特徴 先輩は厳しくもありやさしくもあり