山本 忠

ササキが、炭鉱の下請けから土木に切り替え、会社組織になったときに入社。
17歳だった。社長を「おやじ」と呼んだ時代です。

創業時からの勤務ですね。

職のない時代でね、中学卒業後の選択肢はなかった。ここの社長に拾ってもらって入社、年配の人にはよく面倒をみてもらったよ。だんだん責任を持たされるようになったけど、年上の人に指示するのは、ゆるくない(楽じゃない)。「自分には向かない」と先代に言ったら、「ただ言えばよい」と一喝されて(笑)。そんな先代の背中を見てやってきた。先代は浜育ちで戦争体験もあって荒い人だったけど、社員には手厚かったし、地域貢献にも積極的。儲けたら社員に還元してくれた。下の者はついていくだけだったよ。 昔も今も、社員にはいろいろな業種を経験した人「多能工(たのうこう)」が多く、若い人たちの持っている力と融合してより良い仕事ができている。社員はみんな協力的で、いざというときに全社一丸となって体制をつくることができるのもうちの特長。 そんな強い協力体制があったからこそ、どんな分野の仕事もやってこれたんだ。

今の仕事の魅力は?

若い人と付き合うから、活力をもらえる。こちらの知識を教えることができるのも楽しい。いちばん注意しているのは事故だね。どんなに順調でも、起こしてしまったら一瞬にして指名停止だから、いちばん怖い。幸いなことに今までは一度もないけどね。個人の警察沙汰も一切ありません(笑)。

今後チャレンジしてみたいことは。

たくさんの機械を使っているけれど、これからはもっと自分で機械を考案していきたい。いろいろ工夫して、より仕事に生かせるようなものを。年齢がいくつであっても、探究心が大切だと思う。若い人はそれがあれば確実に伸びるし、僕らも伸ばしてあげられるから。

※この取材は2013年4月4日に行いました。

山本 忠

Tadashi Yamamoto

部門・役職 専務取締役
勤務地 猿払本店
入社年月日 1962年4月1日
生年月日 1944年5月17日
血液型・動物占い B型・ゾウ
出身地 稚内市
資格・免許 一級土木施工管理技士
運転免許(普通・中型・大型・大特・大自二・け引)
こんな人待ってます 何ごとも探求する力がある人
ササキの特徴 社会に恥じない会社です