橋本 淳

土木の世界は「笑い」。
ユーモアがないと、現場を回せないと言ってもいいほどです。

とてもにぎやかな事務所ですね。

この世界は、人を笑わせる力、すなわちコミュニケーション能力がいちばん大切なんです。年上の人に指示を出す場合などは特に、作業員とよく話すことが、いい仕事につながりますから。冗談を交えたりして、いつも自分に対して相手が話しやすい状況をつくることです。 発注者との間でも同じことが言えます。話しやすくなればいろいろな相談を持ちかけてくれるので、それに応える方法が見えてくる。今後どんな発注体制になるかなどの情報があれば、戦略も立てられます。

万が一失敗したときは?

実は、辛いときこそニコニコなんです。特に「長」は不安を外に出してはダメ。ニコニコは伝染しますからね、いい空気をつくっておけば周りがちゃんと終わらせてくれますよ。

怒ることはないんですか?

ありますよ!ただ、怒りっぱなしにはせず、必ずフォロー。「1度の失敗はいい。でも2度目はタダじゃすまないぞ」と言います。すると、最悪2度目があったとしても3度目は絶対にありません。

この仕事の魅力は何ですか?

ひとつは、20代でも億単位のお金を動かしているわけで、工事完了後に合格をもらった達成感は、土木ならではでしょうね。あとは「目に見える仕事は面白い」ということ。完成した工事はいつまでも残りますから、子どもに「パパがつくったんだよ」と言えるものができるわけです。

自身が入社した頃は。

先輩に、「こいつをなんとかしないと!」と思われるくらい頼りなかったのがよかった(笑)。先輩に恵まれてましたね。でもやっぱり辛いこともあり、何度も辞めたいと言っては先輩に「辞めるなら資格を取ってからの方がいいよ」と諭されるうち、留まりました。

不安定な時代ですが。

景気対策はいちばんの関心事。公共事業の発注も、今年と同じだけ3年後、5年後もあるとは限りません。「現状維持はマイナス」ですから、よりいい仕事をして、次につなげなければ。

どんな人が伸びるのでしょう?

部活をして努力をしてきた人、運動部で体をいじめてきた人。あとは、周りの様子を見て自分から動ける人、ですね。

※この取材は2013年4月4日に行いました。

橋本 淳

Atsushi Hashimoto

部門・役職 常務取締役
勤務地 猿払本店
入社年月日 1989年4月1日
生年月日 1968年11月9日
血液型・動物占い A型・ひつじ
出身地 天塩町
資格・免許 一級土木施工管理技士
一級建築施工管理技士
運転免許(原付・普通・中型・大特)
こんな人待ってます やる気を全面に出す人
ササキの特徴 「つねに上へ。前へ。横へ」(恩師の言葉。ちなみに「横へ」は、仲間とのつながりの意味)